サプリメントの飲み方と飲み合わせ(セントジョーンズワート)

サプリメントの基礎知識・豆知識 良いサプリメントを選ぶ
 

サプリメントの飲み方と飲み合わせ(セントジョーンズワート)

今回はサプリメントの飲み方と飲み合わせについてご紹介します。


注意点1:サプリメントをコーヒーや紅茶で飲まない!

みなさん、サプリメントを食後のコーヒーやお茶などと一緒に飲んでしまっていませんか?

食後に飲むというのは一般的には正しいです。
胃が荒れるのを防ぐ目的と、食事から得られる栄養分と一緒に摂取したほうが、
吸収が良くなるため、できる限り食後30分以内に飲むようにしましょう。

ただ、コーヒーや紅茶、緑茶などと一緒に飲むのは間違いです!!
これらに入っているカフェインやタンニンといった成分は、栄養素をくっついてしまい、
吸収を阻害してしまいます。

せっかくマルチミネラルなどを摂取しても、吸収されなければ意味がありませんので、
必ず水で飲むようにして、食後しばらくはコーヒーや紅茶を我慢するのが効果的かと思います。


注意点2:飲み合わせを考える

例えば、鉄分はビタミンCと一緒に飲むと吸収がよくなります。
(お肉を食べるときにレモンを食べると効果的なように、レモンが食べれなければビタミンサプリで
補うと効果的ということです)
また、カルシウムをとるときはビタミンD、マグネシウムなどと一緒に摂取すると効果的です。
これらの組み合わせを考えて、ホームページなどでも説明してくれているメーカーは信頼できますね。
相乗効果って大切だと思いますよ。。

しかし、逆に悪い組み合わせもあります。
特に注意したいのが、薬草やハーブ類から作られたサプリメントです。
一般的にハーブ系のサプリメントは薬効が強く、医薬品に近いサプリメントだといえるように感じます。

例えば薬用植物のセントジョーンズワート(西洋オトギリ草)は、ストレスやイライラを和らげる効果があり、
日本やアメリカではサプリメントとして売っていますが、ドイツやオーストラリアでは、軽中程度のうつ病の
抗うつ効果があるとされ、医薬品扱いになっています。

特にドイツでは、ストレスや気分の落ち込みを訴える人に、医師が最初に処方するのが
このセントジョーンズワートで、年間300万件以上もの処方箋が発行されているそうです。

アメリカにおいても、ハーブ売上げNo.1になるほど人気で、天然のプロザック(合成抗うつ薬)とも呼ばれ、
全米で約700万人が利用しているとも言われています。

日本でも、ストレス社会の影響で飲んでいる人も多いんじゃないでしょうか?

そういう私も購入しましたが( ̄− ̄)

ただし、病院で抗うつ薬などをもらっている人は、その作用に影響する可能性がありますので、

病院で処方されている薬+ハーブ系サプリメント

を考えている人は、必ず主治医への相談と、
サプリメントの注意事項を確認してから飲むようにしましょう!

サプリ
 
 
サプリメント ランキング
姉妹サイト:基礎化粧品ドットコム 〜基礎化粧品トライアルセットの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜
Copyright サプリッチ 〜サプリメントの人気・口コミ体験談・ランキングサイト〜 All Rights Reserved.